• theater KAN

朗読劇『初花~Souls never Die~』終演御礼

 2019年7月15日(海の日)新宿ゴールデン街劇場にて朗読劇『初花~Souls never Die~』を上演しました。


 ご来場の皆様、誠にありがとうございました。多くのお客様に観劇いただき、感激の至りです。


 おいでいただいた方に直接お礼をさせていただいたり、アンケートを拝見させていただいたりする中で、本当に励みになるお言葉をたくさんいただきました。その一部をご紹介させていただきます。

「朗読劇特有の台詞量、満足しました」

「11月公演も楽しみにしています!」

「朗読劇は今までそこまで惹かれなかったが今回は引き込まれた。泣いた。本公演も期待です」

「感動しました!」

「大変感動しました。大号泣。来てよかったです。ありがとうございました」

「朗読劇初めてでしたがステキな作品でした。ありがとうございました」

「脚本の内容にとても感動しました。特に二人の関係性の変化に共感しました」

「こんな展開ずるいと思いつつ泣かされました。松崎さん熱演、竹下さんたどたどしい感じ、逆によかったです」

「劇的でしたがとても良かったです。演技も上手でした」

「朗読劇初めてでしたがおもしろかったです。朗読のみでも気持ちが伝わる演技など良かったと思いました」

 この他にも本当にたくさんの感想をいただきました。


 「もっとこうすれば良かった」という忌憚のないご感想もたくさんいただきました。その全てのお声が、僕たちをもっともっと熱くしてくれます!そして「やっぱり芝居は止められねえな!!」という気持ちにさせていただいています。

 お客様あっての演劇です!

 お客様から元気と勇気をいただいています!!

 本当に、本当にありがとうございます!!!

 いまこのブログを書きながら、自分ボロボロ泣いてます。

 これからも劇団員一同、精進してまいります。

 今後ともtheater KAN、何卒ご贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。

0回の閲覧

© 2019 theater KAN all reserved