• 松崎 丈

カンゲキ備忘録【音楽】『Avanti Piano Concert Vol.7』

最終更新: 6月25日

とき:2019年5月6日(月)

ところ:角筈区民ホール

Avanti Piano Concert Vol.7

 大型連休の最終日、twitterで拝見したピアノコンサートへ。


 少人数小規模のアマチュア演奏会というインフォだったが、なんとも心揺さぶられる90分がそこには待っていた!

 バッハのシャコンヌから始まったコンサート。

 連弾用に編曲されたこの一曲。プログラムの演奏者の方のコメントには「シャコンヌから感じられる祈り~救済~信仰が共感して貰えるように」とあったが、共感どころかばっちりチャネリングしてしまうエナジーのこもった演奏だった。

 演奏者が代わってベートーベンのピアノソナタ「熱情」から第1楽章と第3楽章。激しさの中に優しさを、優しさの中に峻厳さを感じる素晴らしい演奏。

 さらに奏者は代わってA Chorus Lineより「What I Did for Love」の弾き語り、ドヴォルザークの「スラブ舞曲」Op.72-2のピアノソロアレンジ版。これがなんともはや、心奪われる名演奏!そして同じくドヴォルザークの「詩的な音画」より「聖なる山にて」は初めて聴いたが余情たっぷりのこちらも名演。

 またまた奏者が代わって、ショパンの「ノクターン」変ニ長調Op27-2。大好きなこの曲を実に丁寧に演奏してもらい嬉しさも最高潮。

 そして最後の奏者はヘンデルの「シャコンヌ」とショパンの「スケルツォ」第3番Op.39を、ピアノのレッスンを再開して2年とは思えない堂々の弾きっぷり!

 すべての演奏から「心を込めて」という月並みなこの言葉の威力を、しっかりと感じさせていただいた。それは表現者におけるもっとも基本的で、しかし最も忘れてしまいがちな大切な姿勢なのだ。


 作品と誠実に、真摯に、正直にまっすぐ向き合う。その大事さを改めて気づかされた、とても幸福な時間だった。

0回の閲覧

© 2019 theater KAN all reserved