• Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
2020年7月公演延期のお知らせ

 2020年7月に予定しておりましたtheater KAN vol.2『Brotherhood』について、新型コロナウィルスに関する現下の状況を鑑み、劇場サイドと話し合い・折衝を続けてまいりました。

 その結果、お客様および出演者・スタッフの安全を第一に考え、また劇場側からの公演延期および中止の要請も受けまして、誠に遺憾ながら本公演の延期を決定するに至りました。

 楽しみにしていただいていたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 すでにご予約をいただいているお客様には個別にご連絡をさせていただきますので、いましばらくお待ちくださいますよう、合わせてお願い申し上げます。

 本作品につきましては新型コロナウィルスに関する現下の状況が終息したのち、改めて上演させていただきたく検討・調整を進めてまいります。

 また今回の公演の代替としまして本作を無観客リーディング公演に衣替えし、動画を配信させていただく方向で調整しております。

 その折にはぜひご視聴くださいますよう、あわせてご案内申し上げます。

 この状況が一日も早く終息し、また劇場にてみなさまをお迎えできる日が来るよう、そして何よりみなさまが健やかに日々をお過ごしなれるよう関係者一同、心より祈念しております。

theater KAN 主宰

​松崎 丈

​【STORY】

 幼い頃に両親を亡くした能波3兄弟。親代わりに弟たちの面倒を見てきた長男・護(まもる)、秀才でしっかり者の次男・智(さとる)、夢追い人でのんきな楽天家、三男・優(すぐる)。それぞれがすっかり成人した現在も、親の遺した小さな家で兄弟3人暮らし。

 両親の25回目の命日、護は弟たちに会って欲しい人がいると言い出した。

 いよいよ兄の結婚かと色めきだつ2人の弟の前に現れたのは、彼らが想像もしない人物だった。

 theater KAN vol.2は「家族からのカミングアウト」を題材に、兄弟の葛藤と絆をめぐる笑いと涙のホームドラマ!

ご来場ありがとうございました!

 このたびは11月22日(金)~24日(日)、新宿ゴールデン街劇場にてtheater KAN vol.1『Merde!~僕らが舞台に立つ理由~』を上演いたしましたところ、多くのお客様にお運びいただきました。
 多くの皆様のご後援・ご声援を賜り、本日無事に千秋楽を迎えることができました。出演者・関係者一同を代表しまして、衷心より厚く厚く御礼申し上げます。

 私たちtheater KANは生まれたばかり、まだまだこれから歩み始める小さな小さな劇団です。これからも様々な演劇の可能性に挑戦しながら、劇団員一同、精進してまいります。

 どうぞ今後もお見限りなきよう、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 劇場にお運びくださったお客様、ご後援下さった皆様に改めて心より御礼申し上げます。

 このたびは誠にありがとうございました。

theater KAN主宰

​松崎

【ぜひご感想をお聞かせください!】

 ご観劇くださいましたお客様、今後の活動の参考にさせていただきますので、ぜひ忌憚のないご感想をお聞かせください。よろしくお願い申し上げます。ご感想はこちらから。

© 2019 theater KAN all reserved