© 2019 theater KAN all reserved

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
次回公演予告

​【STORY】

 ある公園で発見された小林克彦の刺殺体。その傍らには返り血を浴びてうずくまる内海幸(うちうみこう)の姿があった。

 殺人容疑で逮捕・起訴された彼は初公判の日に錯乱状態に陥る。

 精神鑑定を受けることになった幸と彼をめぐる7人の人物が事件について語る中で徐々に明らかになる真相…

 いったい誰が、なぜ小林を殺したのか?

​ 2019年11月に旗揚げを終えたtheater KAN。今回は主宰の松崎がほぼ一人芝居でお届けする苦しみと愛と絆の物語。 

【ご予約はこちら】https://form1ssl.fc2.com/form/?id=b6d67e0906c990b1

【催事詳細】http://engeki.site/

ご来場ありがとうございました!

 このたびは11月22日(金)~24日(日)、新宿ゴールデン街劇場にてtheater KAN vol.1『Merde!~僕らが舞台に立つ理由~』を上演いたしましたところ、多くのお客様にお運びいただきました。
 多くの皆様のご後援・ご声援を賜り、本日無事に千秋楽を迎えることができました。出演者・関係者一同を代表しまして、衷心より厚く厚く御礼申し上げます。

 私たちtheater KANは生まれたばかり、まだまだこれから歩み始める小さな小さな劇団です。これからも様々な演劇の可能性に挑戦しながら、劇団員一同、精進してまいります。

 どうぞ今後もお見限りなきよう、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 劇場にお運びくださったお客様、ご後援下さった皆様に改めて心より御礼申し上げます。

 このたびは誠にありがとうございました。

theater KAN主宰

​松崎

【ぜひご感想をお聞かせください!】

 ご観劇くださいましたお客様、今後の活動の参考にさせていただきますので、ぜひ忌憚のないご感想をお聞かせください。よろしくお願い申し上げます。ご感想はこちらから。